[Patch2.2PTR] バグフィックス後のナタセットでGR50をクリア

バグが修正されてGR45までクリアできることを確認したらPTRは終わりかなと思っていましたが、1発で47までクリアできたのでちょっと頑張れはGR50までいけるかな?と軽い気持ちで挑戦を始めました。

しかし、そこから思った以上に苦労することになりました。

3/10のアプデでGR49をクリアした時よりもRoVのCDRの条件が厳しくなっている中で、如何に沢山RoVを撃てるかを念頭にBastionsセット、ブロークンプロミス、オブシダンリング、手数を補う為にヘルトラッパー、RoVの各種ルーンなどなど思い付く限りの構成で試してみました。

・タフネスを維持した構成では死ぬことはなくなるけど火力が足りずにタイムオーバー。
・火力を重視するとあたしのプレイヤースキルでは死にまくってやっぱりタイムオーバー。

と、何をやってもGR47まではどんな構成でも1度も失敗なくクリアできるのに、48からが全くクリアできない状態が続きました。


PTR中のGR50のクリアを諦めかけていたそんなある日、ブリコンリング(現ConventionOfErements)の馬場が高GRをクリアなんて話しを耳にしたので、今まで全く頭には無かったけどとりあえず試してみることにしました。
すると良いタイムで47までクリアできたので「これならいけるぞ!」と確信を持ち、結果48、49、50と1発でクリアできました。


ブリコンリングは16秒間で4秒しかRoVの強化にはならないので使用に耐えないと思っていたけど、GR50近くになって敵も硬くなるってくると倒すのに時間が掛るので16秒中の4秒もほとんど気にならない感じでした。


恐らくこれ以上の修正はなさそう(ブリコンリングは分らないけど・・・)なので、シーズン3に向けてあたしの中での暫定版として記録しておきます。



(本編は0:37付近から)

パイロンに助けられているところが大きいですが、一応クリアはクリアということでw

装備とスキル







動画と装備を見て貰えればやりたいことは分ると思います。
ブリコンリングの効果をばらけさせる為にストレイフのルーンを変えていますが、氷のままのが単純な火力にはなりそうですね。

んで、今回の肝がRoVの玉数減と範囲の狭さをカバーする為にアミュで自らも吸い込んで篭手で追加ダメージ。
TheEssOfJohan自体はBLビルド等で以前も使われていたものですが、GR54の時の様なRoVの連発ができなくなったので元々の範囲の狭さをカバーするには効果的です。
アミュはヘルアミュや属性無効など選択肢が多いので悩みどころですが、吸い込む機会が増えることでダメージ効率がかなり上がった様に感じています。

防御スキルはここもスモークスクリーンとシャドーパワーとで悩むところですが、シャドーパワーがなくても即死するほどのダメージはほとんどなく反射や床ダメなどはシャドーパワーを使っていても死ぬ時は死ぬので、そこそこの硬さを持ちつつ瞬間的な無敵を得られるスモークスクリーンにしています。
どっちが有利ってことはないと思うので好みといったところでしょうか・・・


硬さを維持したままできるだけ火力を稼ぐ方法を自分なりに探して以上の様になりました。
もっと良さそうな方法があれば教えてください・・・

グループなどで壁や吸い込んでくれる人がいるならリングはBastionsセットの方が圧倒的に火力になります。

上で紹介したGR装備のままだったか、Bastionsセットに変えた状態だったか、覚えていませんがフィックス後でもまだ50のキーが作れました。



以上、余程のことがない限り今度こそPTR編は終了になる予定ですw


Pacth2.2、シーズン3で会いましょう!


0 件のコメント:

コメントを投稿